2017年10月17日火曜日

先週末、仙台市街で行われた小さなマルシェに出店して来ました。

誘って下さったカフェトムテの平野さんとは、onagawa fish(震災復興支援の商品)を通じて知り合い、その後もレストランのテーブルのご依頼を頂いたりするご縁です。今回も貴重な機会をありがとうございました。

2日間とも薄曇りで肌寒い中でしたが、多くのお客様にnokkaの商品をご覧頂いたり、触れていただいたりして嬉しい時間を過ごすことが出来ました。

これを励みにまた、作品作りにパワーを注ぎたいと思います。

さて宮城の田んぼも殆ど稲刈りが終わりそろそろ空気も冬の気配を感じさせています。
工房も薪ストーブの頻度が増えてきました。
炎を眺めながら、自分の人生を振返り、これからのことを思い・・・。

でも思い更けてばかりもいられない今日このごろ。
ご依頼を頂いてる作業が次々と。。。

頑張ります!

2017年10月3日火曜日

工房の周りは今年もコスモスに囲まれています♪
なんだか、nokkaらしい花だな〜って思ってます。

先日の10月1日は、起業した記念日。
K designという屋号で11年前にスタートした日です。
そして、12年目に入りました。

本当に沢山支えられ続けてここまで来ています。

「ありがとうございます」の一言では済まないくらいです。



トラックもよく頑張ってますよ〜♪
運転するには色々クセがある相棒ですが、とても気に入ってます。

今、工房の中ではデスクの製作中。

と同時に、Kottiの製作も合間を見てやってます。


今月もこの後、色々作らせて頂く予定になっています。
季節的にはとても作業がしやすくなってきました。
時折、薪ストーブにも火を入れて暖をとる日もありますし、休憩時の飲み物もホットカフェオレです。
もちろん。Kottiで飲んでます♪

そんなnokkaの日常。
今日も綺麗に日が暮れていきました・・・。

明日は、白百合学園さんでスプーン作りのワークショップ。

さて、今夜もまだもう少し頑張りましょうかね・・・。

2017年9月23日土曜日

今日、お客様にお渡しさせて頂いたチェストです。
高さ93cmの中に7杯の引出し。
天板、側板、地板の接ぎ合わせの目地を揃えたnokkaならではの仕上げです。

ご依頼主は雰囲気の優しそうな女性の方でした。
春先から何度も引き出しサイズを吟味して修正をしながら図面を固めて製作にいたりました。
ずーっと何年も気に入ったチェストに巡りあえなかったとのことです。

一緒に来られたご主人も「頼んで良かったね」と。

今回もこうしてお客様から嬉しいお言葉と元気を頂きました。

僕の仕事は、家具を作る仕事。
でも、作った家具は手元に残りません。
自分の人生の時間を使って作ったのに、この場に残らない。

思えばそういうお仕事って多いですね。
いや、殆どがそういう事なのかもしれません。

ラーメン屋さんだって、作ったラーメンはお客様のお腹の中に収まるし、大工さんも自分の家じゃない家を作るわけだし。

数日前まではこの世に存在しなかったこのチェスト。
ホワイトオークの原板に手を加え、形作り、研磨して、塗装して、組み立てて、こうして形になって、写真をとって・・・。

そして、すぐにお客様へ手渡して、既にチェストはこの工房から姿を消している。

でもお客様の喜んで下さった表情や気持ちは心に残る。


「想い出」


「記憶」


・・・それが良いのかもしれません。

モノは貯めこむと場所を取ります(笑)

でも、うれしい気持ちは、場所を取りません。
貯まれば貯まるほど、次へのエネルギーにもなります。

自分の人生という時間を使って、命を使って、モノを作りながら、心の宝物を頂くこと。

それが僕の仕事。。。かな


今回もチェストをご依頼下さったお客様に感謝です!

ありがとうございました。


2017年9月16日土曜日

先日、泉ヶ岳に登って来ました。
春から「登ろう!」って言い合っていた仲間たちとの登山。
工房での仕事も控えているのは重々承知でしたが、ずっと前から約束をしていたので実行できて良かったです。

とは言っても、結局山を歩きながら仕事の話(苦笑)。
写真に写ってる僕以外のお二人のうち、一人は工務店の社長。もう一人は、サックスプレーヤー兼・ITのプロ(nokkaのサイトのアドバイスも頂いてます)です。

この先をどう作っていくか。

「結局、舵取りをする自分の心次第なんだ」と。

そんな熱い話を聞きながら歩いたからか、俺も頑張らにゃ・・・と元気を頂きました。

何かを頑張るために。
目標を達成するために。
新しい自分へと成長するために。

普段ついつい流されてしまう日常の甘い誘惑を断つこと。
それがモチベーションを敏感に保つコツかもしれない?と思いました。
修行にも似てるかな・・・。

モノが溢れて、情報も溢れて、便利な今の時代。
甘い誘惑だらけと言っても過言じゃない今の時代。

こりゃ修行が大変だ・・・。


2017年9月8日金曜日

今日は朝から爽やかな風が吹く仙台。

そんな中、朝イチで納品に行ってきました。

製作させて頂いたのは、仙台市中心街の調剤薬局さんの入り口の「スロープ」でした。
現場で木を切ったり出来ない条件だったので、現地調査して採寸して作る一発勝負でした。
やや複雑な形状だったので少々苦労しましたが、また良い経験をさせて頂きました。

このスロープを何千人?何万人?と登り降りするのか・・・と思うと「グッ」とプレッシャーだったりもします。

さて、工房の周りの景色も少しずつ秋っぽくなってきました。

そんな季節柄、今朝は「感謝」と言うことを少し考えたりもしてました。

すぐに現状に満足して支えられていることに鈍感な僕。

今まで生まれてから本当に沢山支えられて、励まされて、与えられて生きてきてるのに、ついついそのことを忘れてしまう愚かな自分。

俺は目標の水準が低いんだよな・・・きっと。

もっとこの体とこの頭(知恵)を使うと、人の役に立てたりすることが出来るだろうに。

感謝の念が滲み出てこないのは、与えるような生き方をしてないからなのかな?

自分が良ければ良いという思いが優先して、自分が幸せになる要素を集めることに一生懸命だからなのかな?

大きく与えることをすると、小さなことでも「ありがとう」って思えるんだろうか・・・?
なんかそんな気がするな〜。

1段階「〇〇してもらう幸せ」
2段階「〇〇できる幸せ」
3段階「〇〇して差し上げる幸せ」

成長の3段階だと教えて頂いた事があります。

俺はまだ1段階と2段階を行ったり来たりだな。。。

ちきしょ・・・



2017年9月4日月曜日

一昨日の写真です。

夏はどこへ行った〜?
って感じの夏でした。

長雨がずっと続いてうんざりするような天気に加え、一昨日は肌寒く、ご覧の通り薪ストーブに火を入れました。

その日は、打ち合わせにお客様もいらっしゃる予定だったので、コーヒーも準備してすっかり秋のような雰囲気でお待ちしてました。

お客様は、薪ストーブにしばらく見入っていて、「やっぱり火はいいですね・・・」と言ってました。

昨日、今日は、爽やかな晴れ空です。
これからどんどん秋めいて行く仙台。
周りの田んぼも、どうにか黄金色に色づいてきました。

今シーズンの薪ストーブに備えて
たまには、煙突掃除でもしようかな・・・?

2017年8月22日火曜日

本日は、お仏壇をお届けに行ってまいりました。
お客様との出会いは約1ヶ月ほど前。
工房にご家族でお越しになり「お仏壇は作りますか?」と聞かれました。
その初めてお会いした10日前に息子様を24歳で亡くされたとのことでした。
ご家族ぐるみで病気と向き合って、無念にも若くしてこの世を去ることになった息子様を思う心の中はいかほどか・・・。
僕には想像もつきません。

亡くなられた息子様がいつもリビングで一緒にいる感じのお仏壇を探していたとのことですが、なかなか市販のお仏壇で納得行くお仏壇が見つからなかったようで、そこでオーダーメイドで作らせて頂くことになりました。

(ご主人)
「昔ながらの ”お仏壇” じゃなく、リビング空間に馴染むように、扉は縦格子で、照明も入れて、サイズはこれくらいで・・・」と家具作りの時と打ち合わせのやり取りは同じでしたが、時折涙を浮かべるご主人の表情を見ると、自分自身も少しいつもと心持ちが違っていたようにも思います。
命という尊さが含まれる家具。
それが「お仏壇」なんだと。

もうこの世に居ない息子様がここに居るようなお仏壇。
そう思うと息子様の「魂」の存在を意識するのは必然です。
目に見えない「魂」
でも本当に存在すると思える「魂」

始めは辛いな・・・って思っていましたが、「魂」の存在を意識すると、これからこのお仏壇を囲んで生活をするご家族の皆さんが、悲しさばかりじゃなく、今までの家族生活がこれからも続いていく・・・のかな。。。

だといいな。。。

そんな気持ちを持つことが出来ました。

「息子様はちゃんとここにいます」
そんな居場所を作るという今回のお仕事でした。